月の宿日誌

ゲストさん

[ 2019/07/27 ]

大阪からひと夏の思い出作りに2ヶ月鎌倉滞在のゲストさんと東京から呑みに出掛けたりご朱印集めにとパワフルなゲストさん
会社の後輩女性さん方と先輩。
悩ましげなポーズ、先輩好きっす
中国からのファミリー。
息子さん、昔の僕に似てます❗

ゲストの方々。。。

[ 2019/07/22 ]

すっきりしない天気が続いていますね。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

7月も沢山のゲストの方々にお越し頂いております。

少しご紹介させて頂きます。

サプライズお誕生日会
おめでとうございます🎉
お留守番も一人でできて偉かったね!
夏休みいっぱい楽しんでね🎵
いつも三宅島からありがとうございます!
また遊びに行きます!

まだまだございますのでまた次回。。。

花火。。。

[ 2019/07/03 ]

今年もこのイベントが近づいて参りました~

今年は早めの7月10日です🎆

ご予約受付中ですので、是非早めにお問い合わせください!

七夕。。。

[ 2019/06/21 ]

月の宿から徒歩10分、皆さんご存知の鶴岡八幡宮。。。

七夕祭りが7月1日~7日まで開かれます。

小町通りには笹の葉が飾られていたり、

八幡宮でもこのようにくす玉や吹き流しが飾られます。

蓮も見頃を迎えます。

蓮は上から見たら葉が生い茂りとても力強さを感じますが、水の下は汚いのです。

その汚い部分があるから力強く見える。。。

人間の理想像ですね。

すいません。V6の岡田准一くんの言葉を拝借しました。

紫陽花が終わってもまだまだ見所満載ですよー

紫陽花。。。

[ 2019/06/15 ]

皆さんご存知、紫陽花がまもなく見頃となります。

ゲストから頂いた紫陽花写真を載せていければとおもっております。

まだまだこれから満開を迎えます!

朝から並ぶとあまり待たなくても大丈夫ですよー。月の宿で一泊して、朝から紫陽花巡り!

告知しておりました、17日の大阪企画はこちらの都合により延期とさせております。申し訳ございません。

大阪もん。。。

[ 2019/06/09 ]

今回の大阪もんはかしみん焼き。

泉州地方でよく食べられるお好み焼きに近いやつです。

因みに名前の由来は大阪では鶏肉をかしわと言います。かしわと牛脂のミンチが入っているのでかしみん焼き。

ペロリと一枚、ゲストの女の子が食べてくれました。

次回は17日を予定してます。

お越し頂けるゲストの方、お楽しみに!

ホタル。。。

[ 2019/06/06 ]

まもなく梅雨入りということで、紫陽花が見頃となりますが、もうひとつ この時期 皆さんに楽しんで頂きたいものがあります。

ホタル。。。

鎌倉はホタルが見れます!

今週の土曜日には鶴岡八幡宮でホタルの放生会があり、9日の日曜日から16日までホタル祭りが開催されます。

月の宿の近くからは二階堂の方や、英勝寺、寿福寺の川沿いで見れるかもしれません。

夜、ホタルを探してみてはいかがでしょうか?

ゲストの方から頂いた写真です。
ありがとうございます!

山遊び2。。。

[ 2019/05/30 ]

という事で、今回は別の山道をご紹介致します。

今回は祗園山ハイキングコースです。

高時腹切りやぐら~八雲神社まで行きたいと思います!

早速、腹切りやぐらがあります。

ここの説明は暗くなるのでしません!

現地で確認をお願い致します。

階段を登ります。結構急なのでしんどいかもしれません。

道が狭かったり、岩が出ていたり、木に足を引っ掛けてしまいそうになります。

気を付けましょう!

そうこうしているうちに看板が見えてきます。

木の根っこを越え、細い道を進むと、鎌倉絶景スポットの見晴台が見えてきます、

ここから見る景色が僕は一番好きです。

お昼寝したり、音楽を聴いたり。ぼっーとできる場所です。そして、地元の高野街道から見る大阪湾の景色と似ているのです。

だから、この景色を見て懐かしんだりもします。

見晴台から近くにある階段を降りればゴールです。

ここで八雲神社のご紹介。。。

八雲神社のご利益は厄除けです。鎌倉最古の厄除けとして知られ、地元では「八雲さん」「お天王さん」と呼ばれ親しまれています。

永保年間(1081年~1084年)新羅三郎義光が、兄の八幡太郎義家の奥州攻め(後三年の役)の力添えのために出陣し途中、鎌倉のこの地に立ち寄ったときに、疫病で苦しんでいる人々の姿を見て、疫病退散のために、京都の「祗園さん」こと八坂神社の勧請したのがはじまりだそうです。

八雲神社では甘縄神明宮と蛭子神社など兼務している神社があり、その御朱印も頂くことができます。

また、御神木もパワースポットとして有名です。

鎌倉駅から八雲神社までは徒歩10分もかかりません。また見晴台まで15分ほどですのでハイキングやトレラン以外の方でも見に行ってみてはいかがでしょうか?

晴れている日はほんとうにオススメです!

故郷を。。。

[ 2019/05/27 ]

最近やたらと地元が大阪であることを日誌で出している私コータローですが、

ビッグニュースがありました!

あの古墳群が世界遺産になる!

これはビックリ。。。

正直に言うと航空写真でみるとあの有名な鍵穴の形ですが、上から見ない限りは普通の公園なのです。なので、ただの憩いの公園でしかありません。

でも、南大阪がフューチャーされるのは凄く嬉しいことであり、来ていただけるゲストと南大阪の話ができるのがこれまた堪らなく嬉しいのです。

この南大阪フィーバーに乗っかり(そんなのありませんが)という事で、大阪人懐かしの味をゲストにも振る舞おう企画です。

超絶不定期、僕の気の向くまま振る舞います!基本的に金曜日かな~なんて考えてもいますが、、、

第一弾は、、、たこせん!

江ノ島名物じゃありません。えびせんの中にたこ焼きが入ってるのです。説明するのを初めてしたぐらい大阪の子たちは学校帰りに当たり前の様に食べています。当たり前田のクラッカーです。

どうやら、ビールにも超絶合うようです。

大阪人しか触れない味覚をこれからも出していこうと思います。

ほな、ゲストの皆さん、楽しみにしててや~

山遊び。。。

[ 2019/05/16 ]

お越し頂いているゲストの方から、お休みの日は何してるの? そういったご質問がヒジョー多いです。

ざっと答えると大体外にいます。。。

詳しく答えると、山か海にいます。。。

ということで今日は山での楽しい過ごし方、トレイルランをご紹介しようと思います。

ちなみに、幼馴染から遊ぶ体力に関しては一歳半のラブラドールレトリバー並みと評されたこともあり、1日大人しくいることはツラくてできません。ですのでお休みの日以外も時間があれば山や海へくり出しています。。。

今日はすごくいい天気でした。

瑞泉寺入り口沿いにある天園ハイキングコースから入山します。

いざスタート!今日は建長寺ではなく覚園寺を目指します。

入山するとすぐいい感じの山道です。

ずんずんと突き進んでいきます。

僕は大阪出身ですが市内ではなく、金剛山の麓で育ちました。子どもの頃からこういう道を走り回っていました。地元の高野街道を思い出します。

しばらく行くと竹林が見えてきます。

お寺とまた雰囲気が違いとても心地好い風が吹き抜けていました。

その竹林を抜けると休憩所があります。ここではトイレや自動販売機、売店があります。ふろふき大根が名物です。。。

休憩所の花壇には沢山のお花が咲いていました。

このハイキングコースのメインである大平山山頂へ向かいます。

最高の眺め、鎌倉市を一望できます。ロッキーのように叫びたくなります。やったことないけど。。。

急な岩の壁を乗り越えると大平山山頂です。

ここからは下りです。

かなり急なところもあるのでゆっくりゆっくり下ります。

岩がむき出しになっているところもあります。落ち着いて足元を確認しながら進んで下さい。

民家が見えてきました。覚園寺まではあと少しです。

そして階段を降りれば、、、

ゴール!!!

大体一時間ほどですね~。いい汗かいて、最高にキモチいいです。

ここで覚園寺もご紹介。。。

1218年、北条義時公の大倉薬師堂が覚園寺のはじまりです。1296年北条貞時公が元寇の再来がないように願い、それまでの薬師堂を真言宗だけでなく、真言、天台、禅、浄土の四宗を学べる道場、覚園寺としたそうです。

苔がキレイです。小町通りや八幡宮から少し離れているので静かな時間が流れています。

動かした身体を休ませるにはもってこいの場所。。。

拝観時間が決まっています。拝観されたい方はお気をつけ下さい。

このコースも非常にハイカーの皆さんにも人気があります。今日も沢山のハイカーさんとすれ違いました。トレイルランをする場合、このコースももちろんハイカーさん優先であり、すれ違うときは必ず立ち止まって先に進んで頂くこと、細い道の時は追い抜かず、後ろについて同じペースで歩くそして幅の広い道に出たら一言声を掛けて追い抜いて下さい。追い抜くときも走ってはいけません。その他はすれ違うハイカーさんと挨拶を必ずして下さい。ゴミも捨てないで下さい。土曜日日曜日はハイカーさんが本当に多いので基本的には平日にランして下さい。土曜日日曜日は走ってはいけない所もあります。

鎌倉でトレイルランをする場合は以上の点を守って下さい。

初めてトレイルランやハイキングする方にも優しいコースなのでオススメです。

まだ一人で行くのには自信がないという方、日にちによりますが可能な限り僕がご案内致します。

また、違うコースもあるので次回ご紹介できればなと思います。

このページの先頭へ