月の宿日誌

ご近所探検隊は浅草食堂に乱入

[ 2014/11/24 ]

お腹を空かせた山田さんチームと探検隊は、とっても近い(宿から1分)「浅草食堂」に行きました。時刻は午後8時、すでにお店の閉店の時間です。

く (苦)が無い看板。素晴らしいアイディアです。

く (苦)が無い看板。素晴らしいアイディアです。


制止する店員のおばさまを振り切って調理場前へ「マスター腹へったー」「ああ、いいよ」それ!と閉店準備中の店内に乱入。基本は870円のチョイ飲みセット。お酒とおかず2品のセットだけど量が半端ではない。いろいろ食べたなあ。
分厚い豚カツ

分厚い豚カツ


昔ながらのラーメン

昔ながらのラーメン


生ビール・焼酎・麻婆豆腐・冷奴・豚カツ・牛筋煮込み・自然薯のマグロ山かけ・焼きそば・ラーメン・・・後は忘れた。本当の取材記者じゃないので食前に料理の写真を撮る習慣のない探検隊の言訳。
いろいろ食べちゃった後での写真でした。

いろいろ食べちゃった後での写真でした。


それでもって会計は割り勘で一人1700円。えー安くなくね。ワンコインバーで、500円也のお酒2杯とつまみ1品とっても1500円。ま、スタンドバーは会話とかBGMとかお店の雰囲気にお金を払うのだから、それはそれの楽しみ方もあるけど、お腹一杯になりたい時はここです。店の雰囲気だって、まるで昭和で映画の高倉健が座っているととっても似合いそう。
料理は長年ホテルのコックさんだったマスターの和洋中なんでもござれの美味しさ。でもマスターのなつっこい・あったかい人柄が一番の店なんだよね。
なぜ写真の時にメガネをはずしたかはナゾのまま

なぜ写真の時にメガネをはずしたかはナゾのまま


山田チームとご近所探検隊は「うまさ」「安さ」「雰囲気」のそろった浅草食堂さんへ、つつしんで3つ月(星ではなく)を差し上げます。と、時計を見ると閉店時間を2時間も過ぎた10時なりそうです。マスターご厚意に甘えてすいません。また、ご迷惑をおかけします。
オオコレミヨ

オオコレミヨ

このページの先頭へ