月の宿について

月の宿について

鎌倉駅からすぐ。
ビルの最上階が月の宿です。

800年余の歴史を持つ、日本有数の史跡を誇る鎌倉。
月の宿は、そんな鎌倉の中心、ビル最上階に位置する小宿です。
鎌倉駅前という立地にもかかわらず、そこはまさに別天地。昼間は源氏山から鎌倉アルプス、若宮大路、さらにその奥に鎮座する鶴岡八幡宮、衣張山から逗子マリーナまで望むパノラマビュー…。
そして夜は刻々と変化する月のうつろいを間近に味わう絶景の宿です。いにしえの鎌倉に思いをはせ、空想の世界に遊ぶ。
フットワークの良さと、アジアンリゾートのような館内。
どうぞ思う存分鎌倉を楽しんできてください。
月の宿がその疲れを心地よく癒します。

 女性優先ゲストハウスとは

ドミトリーは女性専用です

かおる風景
ゲストハウスとは、お手ごろな価格で宿泊できる簡易な宿のこと。
旅人同士の交流や、情報交換の場所でもあります。
日本中のゲストハウスに宿泊して感じたのは「自由で楽しくって経済的!」ということ。ただ、残念なのは、そのほとんどが女性が「こうだったらいいな~」という微妙な心理をあまり考慮されていないこと。「一人旅のドミトリー利用だけど、同室に男性もいて不安」とか「石鹸とシャンプーしかないの?」とか。
月の宿は、そんな女性の気持ちをできるだけ大切にしたく、ドミトリーは曜日にかかわらず女性専用になっています。女性のためのアメニティも充実。手ぶらでも宿泊できるほどです。
ドミトリー以外の個室はご家族連れや男女のグループも受け入れいたします。
男性諸君、ごめんなさいね、ここは数少ない、女性がすっぴんでくつろげる場所なのです。

どなたもどうかお入りください

_DSC3400
ビルの4階にある月の宿の入口に到着すると、ドアーにこんなメッセージが書かれています。セキュリティーを重視するため、ドアーは通常ロックされていて、不審者の侵入を防いでいます。
でもお泊りのゲストは安心です。メッセージの携帯番号に連絡して下さい。毎日変わるドアロック解除の「暗号」をお教えします。

私旅 (WATASITABI) を応援します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
女性が一人で宿泊しても、ほかのゲストと楽しく交流し楽しいひと時を過ごせるように、リビングでの時間を大切にしています。ホテルや他の宿泊施設にないこの時空間がゲストハウスの良いところなのです。
月の宿には食事の提供はありません。なぜなら、鎌倉駅に一番近い宿なので、周りはおいしい食事処がいっぱいあるからです。でも、もっと楽しいことは、集まったゲストたちが近くでフードやお酒・ジュースなどを購入してきて、宿のリビングでプチ・パーテイーができることです。
日本全国から集うゲスト達が自己紹介をして、旅行を通じた体験や感動を共有しあいます。一番楽しい時間です。午後11時からは就寝に配慮する時間となっていますので、静かにお過ごし下さい。コンサードなどで11時をまわって帰ってくる場合は、ソーット入室し、お休みして下さい。共有の宿・ゲストハウスの決まり事です。

月の宿の上手な利用方法その①ビジネスホテルとして利用

仕事の終了が遅くなったり、台風などの天候不順で翌朝の通勤が危ぶまれる場合などご連絡下さい。中・遠距離の往復を考えた場合、時間・出費などとってもお得です。

月の宿の上手な利用方法その②鎌倉から出勤

明日は出勤だけど夜の鎌倉も楽しみたい。そんな時、思い切って月の宿に泊まってしまいましょう。アメニティーは揃っています。日曜の晩もゆっくり遊んで、翌朝鎌倉から出勤。1日儲かった気分になれますよ。

月の宿の運営会社「渋柿庵」について

右側にあるオブジェも渋柿庵の芸術家による作品です。
約40年前に、創作陶磁器の窯元としてオープンしました。従来の焼き物の概念をはるかに超え、様々なジャンルのクラフトを創作し続けています。鎌倉にはその直営店とコーヒーショップ、さらにはアトリエを持ち、希望者はアクセサリーの絵付け体験もできます。

月の宿のスタッフについて

渋柿庵創作スタッフを含め、テレビ出演もある芸術家や修験者、修行中の流鏑馬門人など、日本の精神文化に深くかかわるメンバー揃いです。もちろん全員鎌倉在住ウン十年の本物の地元。夜も更けるまで様々な文化的お茶会を楽しめるチャンスも。

《オーナー》

上智大学英文科卒。その後長く
フランスに生活の中心を置きながら
ヨーロッパ各地を歴訪。
西洋美術・観光を研究。
帰国後、鎌倉で半世紀の歴史をもつ
陶房・渋柿庵の事業を継ぎ代表に就任。、
陶磁器・クラフトアーチスト。
4年前秋、「鎌倉ゲストハウス月の宿」
を立ち上げる。空手有段者。
世界各地での旅行体験を活かし、
女性を優先した過ごしやすく
リーズナブルな宿の実現をめざしている。

e0161367_9224927

《宴会係 トーピンおじさん》

 自衛官・テレビ局美術製作・カツオ船漁師・
神主・大工・調理師などを歴任。
長らく鎌倉の児童養護施設で勤務している。
子供が大好き。本気でネバーランドの存在を
信じるスピリチュアリスト。
月宿の宴会係として 「ちょい飲みナビゲーター」や
ライブ演出を担当。 沖縄八重山民謡の達人としてもフアン多し。
昨年は、由比ヶ浜のプチロックフェスティバル
にもコータローと共に特別出演。
芸能プロ「月プロ」代表。

トーピン

《店長コータロー》

大阪出身。走るのが好き。最近サーフィン始めた。
本場大阪のたこ焼きがつくれる。最近のジャニーズにいそう。
お酒弱い。人柄はとても良い。
後はよくわからないから直に聞いて下さい。

きはきかすしはきかすかす

《客室・バレーストレッチ担当 ヨーコさん》

幼児期からクラシックバレエに親しむ。
指導者を経て、
現在はキムラ・バレーストレッチ・カンパニーを主宰。
各地で教室を展開。
月の宿の活動に共鳴しスタッフに。
月宿においてもストレッチ教室を開講予定。
クラシックバレーの運動学に基づいて
無理なくコアマットルを鍛え、柔軟な身体作りを目指します。

きかすんすかんかすんすかん

《タロー》

謎の生命体。年齢不詳。たぶん18歳位だけど。
たまに受付してます。

すかきすかかすかいすかすか

《ハリー》

山荘にいます。最初吠えますが、すぐに尻尾を振って
甘えてきます。会いたいゲストは山荘にいらっしゃい。

かすんかすんすかんすかん

《そのほかのスタッフ》

順次ご紹介してゆきます。

 

 

このページの先頭へ