月の宿日誌

涼しい夏はドコニアル その➀

[ 2016/07/31 ]

前回お知らせした「涼しい鎌倉の夏」シリーズです。
照り返す暑気の中、海岸でコゲコゲはチョット辛い。寺社巡りも他の季節に譲りたい。でも、鎌倉行きたーい。涼しいとこあれば。って思っているでしょ。
今の季節、朝夕の鎌倉は昼間の熱気が嘘のように涼しいです。じゃあ、昼間は、昼間はどうすんのよ?やっぱり、そこなんだよね問題は。鎌倉は自然にしろ、寺社にしろアウトドアーだし。屋内で涼しく楽しめる施設って、そんな無いし。

IMG_0534

でも、あるんですよねー。涼しい場所が。それはお山です。鎌倉は海辺の気候とお山の気候が分かれていて、お山は昔から避暑地としてブンジンボッカクみたいな人が好んで住んでいましたとさ。
月の宿の「山荘」があるところも、二階堂川が流れる永福寺跡を曲がると、アッという感じで涼しくなっているのに気がつきます。角を曲がるとアッです。

IMG_0397
海岸清掃のボランティア活動に来ていた高校生が涼を求めて山荘に宿泊しました。今朝は活動までの時間、涼しい天園のハイキングコースを散策します。

IMG_0530

いざ、山荘の前をシュッパツ。

IMG_0546

丘の上にある山荘の坂を下ると、ヨシノボリやモクズガニにいる杉ノ川の流れる小道。少し行けば二階堂川に合流し、川に沿って5分ほど歩くと、急にそこは夏山の景色に変わります。

IMG_0539

岸辺にはミョウガの白い花が群生しています。

IMG_0542

通称「老人農園」の畑が見えてきました。きれいな花がいっぱい咲いた中に、トウモロコシやキュウリ・トマトなんかが育っています。獅子舞の登山口までもう少しです。

IMG_0533

突然という感じで山が始まります。ああ、涼しい。天園のある大平山は鎌倉で一番高い山といっても、標高は150メートル位です。でも、平地から数メートル登っただけで、山の涼気が汗を吹き飛ばしてくれます。

IMG_0535

数多い登山道の中でも清流が走っているのは、ここ、獅子舞だけです。青々しいシダが生い茂っている小道を靴を濡らしながら進みます。

IMG_0531

立ち止まって耳を澄ませば、ウグイスの夏声に混じって、あれはキビタキ(かな)、おしゃべりな雅眉鳥(がびちょう)の声がコダマのように聞こえる。山頂近くからは、コンコン幹を叩くゲラの音も。

IMG_0537

夏紅葉の林の所で、ハリー犬のお散歩は終了。お兄さんたちはこの後、天園から北鎌倉の建長寺を目指し、浄智寺の大仏道を源氏山に向かうコースを続けます。「とっても気持ちいいです」「ありがとうございました」。
午後からはまた、暑い海岸での清掃ボランティア。お山でユックリ涼んでいってね。

 

このページの先頭へ