月の宿日誌

旅記4。。。

[ 2019/10/10 ]

久米島最終日。。。

朝の4時。。。

俺はふと、目が覚めてしまいました。

「あかん。寝たら終わってまう。。。」

まさしくビッグチャイルド的発想。。。

30分ほど、考えて。。。

「よっしゃ。走りに行こっ」

ランニングウェアに着替え、ストレッチをして、外へ飛び出しました。

星!星!

見たことのない星の数でした。。。

猛ダッシュで戻り、アキを叩き起こします。。。

「わかったから。起きるから。静かにして。」

そう言いながらも外へ出て二人でサトウキビ畑から星を明るくなるまで眺めました。

そのまま朝陽を見にイーフビーチへ。。。

きれいに昇りました。

ちなみにアキは、大きいヤドカリに夢中でした。

もう一度部屋に戻ったアキ。。。

俺は走りに行きました。。。

久米島Run。。。これまたインスタグラムに動画をupしております。是非フォローして頂ければと思います。

シャワーを済ませ、2晩お世話になったドミトリー球美ともお別れです。。。

2晩、自分たち二人だけでした。。。

自由に使えて楽しかった。。。

バスを待ちながら、いつものポーク玉子とサーターアンダギー。。。

フェリーまでもう少し時間があったので、久米島ホタル館へ。。。

ホタルやハブ、久米島の昆虫や動物が展示されています。。。

奥の川の方で楽しそうな声が、、、

覗いてみると、、、

すっぽんぽんの子ども達がはしゃいでました。。。

この川で川遊びをしてた子ども達。。。

俺らも参加させてもらいました。。。

川遊びの後、捕まえた生き物の学習。。。

子ども達と一緒に聞き入ってしまいました。。。

そのあとのお弁当タイム。。。

お母さん、お父さん、おばあちゃんが作ってくれたお弁当。。。

頬張りながら楽しそうにしながら。。。

「お父さん、エビの養殖してるけど、私、食べられない」

「お母さんが作ったじゅーしぃー、美味しいからあげる!」

俺らとは全く違う環境で育つみんな。。。

また、一年後、5年後、10年後。。。

みんなどんな大人になるのかな。。。みんなとまたここで会いたいな。。。

そう、思いました。。。

俺たちはお弁当タイムが終わった後、みんなとお別れの挨拶をして、ホタル館を離れました。

みんなで捕まえたテナガエビと久米島ホタルの幼虫。。。

久米島ホタルの幼虫は天然記念物なので採取は禁止されていますが、ホタル館の職員さんの下で研究の対象として採取しました。

道の途中にいたヤギ。。。

腹ごしらえをして、、、

もやし島そば。。。

フェリー乗り場へ。。。

遠くから

「バイバーイ!」

「また、来てね!!!」

ホタル館で遊んだみんなが車に乗って来てくれました。。。

俺たちの旅。。。

これが一番の思い出。。。

限界まで窓から身を乗り出して、手を振ってくました。。。

これから先、まだまだ旅をすると思います。。。

でも、あの光景、あの笑顔、一生忘れることはありません。。。

嬉しくて、嬉しくて、俺らも必死で手を振り返しました。。。

そして、みんなの車が遠くなって行くのを見て立ち尽くしました。。。

きっとこの時本当の「旅の終わり、夏の終わり」に気づいてしまったんだと思います。。。

車が見えなくなって、寂しさが込み上げました。。。

さらば久米島。。。

沢山の思い出をありがとう。。。

那覇に着いて、、、

俺らは立ち飲み巡りをしました。。。

俺、酒呑めないけど、、、

アキは楽しそうでした。。。

こうして旅の最後の夜を過ごし、鎌倉へ帰りました。。。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。。。

改めて旅の期待値がどんなものなのか、知ることができました。。。

このワクワクを皆さんも持ってお越し頂けていること、とても嬉しく思います。

これからも皆さんに最高の旅の思い出を少しでも提供できたらなと思います。。。

鎌倉 月の宿 店長 耕太朗

このページの先頭へ