月の宿日誌

山遊び2。。。

[ 2019/05/30 ]

という事で、今回は別の山道をご紹介致します。

今回は祗園山ハイキングコースです。

高時腹切りやぐら~八雲神社まで行きたいと思います!

早速、腹切りやぐらがあります。

ここの説明は暗くなるのでしません!

現地で確認をお願い致します。

階段を登ります。結構急なのでしんどいかもしれません。

道が狭かったり、岩が出ていたり、木に足を引っ掛けてしまいそうになります。

気を付けましょう!

そうこうしているうちに看板が見えてきます。

木の根っこを越え、細い道を進むと、鎌倉絶景スポットの見晴台が見えてきます、

ここから見る景色が僕は一番好きです。

お昼寝したり、音楽を聴いたり。ぼっーとできる場所です。そして、地元の高野街道から見る大阪湾の景色と似ているのです。

だから、この景色を見て懐かしんだりもします。

見晴台から近くにある階段を降りればゴールです。

ここで八雲神社のご紹介。。。

八雲神社のご利益は厄除けです。鎌倉最古の厄除けとして知られ、地元では「八雲さん」「お天王さん」と呼ばれ親しまれています。

永保年間(1081年~1084年)新羅三郎義光が、兄の八幡太郎義家の奥州攻め(後三年の役)の力添えのために出陣し途中、鎌倉のこの地に立ち寄ったときに、疫病で苦しんでいる人々の姿を見て、疫病退散のために、京都の「祗園さん」こと八坂神社の勧請したのがはじまりだそうです。

八雲神社では甘縄神明宮と蛭子神社など兼務している神社があり、その御朱印も頂くことができます。

また、御神木もパワースポットとして有名です。

鎌倉駅から八雲神社までは徒歩10分もかかりません。また見晴台まで15分ほどですのでハイキングやトレラン以外の方でも見に行ってみてはいかがでしょうか?

晴れている日はほんとうにオススメです!

このページの先頭へ